これまでの取り組み/更新情報

昭和17年 薪炭などの物資斡旋事業からスタート
 戦後、国の「拡大一斉造林」という林業施策を受け、 苗畑(採種、種苗)を開設、苗木の斡旋へと事業拡大する。
昭和36年頃から 生産素材の共同販売事業に着手
昭和39年 林業基本法による林業構造改善事業(総合助成措置)スタート
昭和41年 第一次林業構造改善事業の指定
 トラクター、トラックなどの機械化整備が図られ、作業路の整備が進む。
昭和42年 森林管理事業が本格的にスタート
 町有林の造林造材など、下川町の事業委託により「町直営労務班」が移籍する。
昭和55年 木炭製造を調査検討
 この頃から木材価格の長期低迷期に入る。戦後の拡大造林による人工林の集中的な間伐期が 続いているが、それを有効利用することが課題になり、加工業界との競争を避けるため「木炭製造」 が検討された。
昭和56年10月 湿雪により民有林のカラマツ496ヘクタール罹災
 被害総額は3億4948万円に達し、この被害木処理が緊急課題となった。
昭和57 木炭生産スタート
 試行錯誤の末、製炭技術が確立され、加工事業展開の端緒となる。軌道に乗るまでの苦労は、 筆舌につくされないものがあった。
 その後、木炭から発生する煙など、副産物を活用した円柱加工、樹皮、オガコの炭化などを通し  ゼロ=エミッションのシステム化に取り組む。  
   下川町森林組合:ゼロエミッションシステム    
平成2年10月 「グリーン賞(林政記者クラブ)」受賞
平成3年 集成材加工施設操業スタート
 U・Iターンや地元新卒者など、人材の確保育成を実施し、地域の雇用対策に貢献するとともに、 地域経済へ大きな波及効果と影響力をもたらした。
平成6年1月 「北のくらし大賞(読売新聞主催)」受賞
平成6年6月 「朝日森林文化賞」受賞
平成6年11月 「木材産業貢献賞」受賞
平成8年 林業体験ツアーを開始
 森林の公益的機能の重要性が「地球環境問題」という形でテーマとなり、都市住民に森林林業 への理解と山村との交流を目的に、継続して実施。
平成8年10月 「林退共普及促進 労働大臣表彰」受賞
平成10年 下川産業クラスター研究会が発足
 「北海道の自主・自律」が時代の要請となり、森林を軸とし、地域に根ざした競争力のある産業のつながり を形成する地域運動が続けられている。
平成10年 高吸着性木炭の技術開発に取り組む
 鉱工業技術研究組合法に基づく民間企業の協同組織が特定の試験研究課題ごとに、試験研究 を行うもので、住環境向上技術研究組合に参画し、「高吸着性木炭」の技術開発に5ヵ年で取り組む。
平成11年 トドマツ製油抽出と事業化に取り組む
 下川産業クラスタープロジェクトチームに参加し、「ほっかいどうモミの木」からトドマツ製油の抽出 とその利用、事業化に取り組む。
平成12年 組合事業総取扱金額は967,533千円に伸張
平成12年 世界基準「FSC森林認証」制度を研究検討
 森林環境に配慮した認証制度取得を目指し、国有林、町有林および私有林の所有者が協定し、 グループ認証を受けるため調査検討を進めた。
予備審査:平成14年11月 / 本審査:平成15年6月
平成12年11月 ホームページ開設
 森林組合の商品販路拡大、PR、人材登録が主な目的。
平成13年2月 「林業労働力育成確保優良事業体 農林水産大臣表彰」受賞
平成14年2月 森林組合職員単身者住宅建設
 IUターン者による林業担い手確保に努めるため、北海道林業体力アップ事業による地域材モデル事業 として、1棟5戸(集会室1)を建設する。
平成14年5月 「森づくり基本指針」と「森づくり作業方針」を制定
平成14年6月 役職従業員労災上乗せ保険に加入
 下川町森林組合災害補償規定を制定し、安心して働ける職場環境を整備する。
平成14年11月 山下組合長 北海道産業貢献賞(林産事業功労者)受賞
 組合役職員として42年間、循環型林業の推進、木炭・小径木・集成材加工事業への展開 、林業労働力の育成確保、森林総合業への展望、産業クラスター活動など、組合運営と地域 民有林の育成管理に活躍された功労により受賞する。
平成15年5月 中核森林組合に認定(北海道1番目)
 北海道森林組合育成指導方針に基づき、知事から認定証を受ける。
平成15年8月18日 FSC森林認証状を受領
 国際森林認証審査機関(南アフリカSGS本部)からFSC森林認証状を受領
平成15年9月 FSC-COC認証に認定される(町内木材加工工場5社と同時認定)
 当組合加工場はFSC認証木材(適正に管理された森林から生産されたことが証明された木材) を製造・流通過程のいかなる段階において、「認証されていない木材」と認定を受けた割合以上混合しない ことを審査され、FSC-COC認証の認定を受ける。
平成15年10月 事業場賞を受賞
 労使が協力し、労働災害防止に努めた功績として、北海道林業木材製造業労働災害防止協会から 表彰を受ける。
平成16年4月 下川町森林組合「森林(もり)憲章」制定
 第53回通常総会で「森林(もり)憲章」が承認される。100年先を見据えた持続的森林管理を認識し、 より豊かな森林(もり)を次世代に引き継ぎ、社会に説明していく。
「下川町森林組合 森林(もり)憲章」
~森林(もり)と共に歩み続けるために~
私たちの住む下川町は、豊かな自然環境の中で育まれてきました。
森林(もり)の恵みを受けて生活する私たちは、より豊かな森林(もり)を次世代に引き継いで いくために「下川町森林組合 森林(もり)憲章」を定めました。

1.私たちは、森林(もり)の資源を活かし社会に提供します。
1.私たちは、美しく豊かに続く森林(もり)共生社会をつくります。
1.私たちは、さまざまな森林(もり)の恵みを未来につなぎます。
1.私たちは、いろいろな生き物が棲む森林(もり)をまもります。
1.私たちは、森林(もり)とともにある社会をつくった先人の意思を継承します。
1.私たちは、森林(もり)と調和した生活を営みます。
1.私たちは、森林(もり)を学び愛する心を育みます。
平成16年4月30日 制定
下川町森林組合
平成17年4月 名寄地区森林組合合併推進協議会を脱会
 森林組合改革プランを総会に報告、当面は単独で存続を表明。
平成17年10月 防虫・防蟻処理施設落成式 AQ(優良木質建材等)認証取得
平成18年5月 役員改選により常勤代表理事3名体制(組合長、専務、常務)に
平成18年6月 くん煙防腐処理木材「道産資材活用モデル工事積算単価表」掲載
平成18年7月 合法木材供給事業者認定取得
平成18年10月 低気圧による風倒木被害発生
被害面積約530ha、被害額約2億円
平成18年12月27日 労働・交通無災害目標1500日達成
平成19年1月 「わが村は美しく-北海道コンクール」地域特産品部門金賞受賞
平成19年1月 造作用集成材JAS認定更新取得
平成19年2月 「木材供給システム優良事例コンクール」林野庁長官賞受賞
平成19年3月 「木材供給システム優良事例コンクール 林野庁長官賞」受賞
平成19年5月24日 労働・交通無災害記録1648日達成
平成19年7月 木材産地証明工場登録証明「造作用・構造用」取得
平成19年10月 低ホルムアルデヒド構造用集成材(小断面)JAS認定取得
平成20年3月 木質バイオマスボイラーを導入しました
林業・木材産業構造改革事業(林野庁)の採択を受け当組合集成材工場に木質バイオマスボイラーを設備しました。事業費は燃料供給装置、配管などを含め3,100万円です。 燃料は生産過程から発生するカンナ屑や端材で、これにより蒸気を発生させ木材乾燥と冬季の暖房に使用します。これまでは重油・灯油を使用していたため年間約1,400万円の燃料代がかかっており、大幅な削減が見込めます。また、木質バイオマスは燃焼時に発生する二酸化炭素は大気から吸収したものであり、二酸化炭素のバランスとしては中立なため環境にやさしい燃料と言えます。
   
平成20年4月 当組合の児玉さんチェーンソーカービング国際大会で優勝
当組合、森林管理員の児玉光さんがオーストラリア・タスマニア島で開かれた「タスマニア・チェーンソーカービング国際大会」で優勝しました。 この大会では地元オーストラリアをはじめ、各国から8人が参加。長さ1.8メートルの丸太から2日間かけて「森林」をテーマに彫るメーン競技と1時間で仕上げるスピード競技が行われ、2競技とも審査員の高い評価を得て優勝しました。児玉さんは2006年に全国大会でも優勝経験のある実力の持ち主です。
   
平成20年5月 第57回通常総会を開催いたしました
第57回下川町森林組合通常総会を下川町バスターミナルで開催いたしました。 委任状を含め213人の組合員、ご来賓の方々にご主席をいただき、滞りなく進められ、議案すべてが承認されました。 平成19年度決算では522万円の黒字を計上し、昨年に引き続き3%の配当となりました。 また、平成20年度ではバイオコーク技研との共同研究「木質バイオマスエネルギー利用システム」の開発に取り組むほか、老朽化している高性能林業機械(ハーベスターとグラップル)を更新いたします。
   
平成20年7月 中国からの研修視察が行われました
7月1日から15日までの日程で独立行政法人国際協力機構主催の中国国別研修「林業研修管理」が行われ、9日、当組合での研修も実施されました。 5人の研修生は国と地方自治体の林野行政、国有林及び民有林の経営、自然保護区の設計、管理及びエコツーリヅムなどを学ぶのが目的で、下川における林業についても真剣に調査、研修していました。
   
平成20年10月 「北海道ゼロ・エミ大賞」受賞
平成20年度北海道ゼロ・エミ大賞を受賞いたしました。 同対象は、循環型社会の推進を目的に、北海道内に所在する事業所の廃棄物の発生・排出抑の取り組みの中で特に優秀なものに対し表彰を受けるものです。その中でも本年度の大賞は当組合1件のみでした。
   
平成20年10月 JICA研修生来組
平成20年度「環太平洋地域C&I森林認証コース」の研修生8名が当組合で研修を行いました。 当研修はJICAの委託により実施され、森林経営に関する基準指数や認証、ラベリングに関する知識を高める目的で実施されました。
平成21年3月 びっくりドンキーの木製皿を謹製
「びっくりドンキー」を全国展開する「アレフ」様に北海道内の同店舗で使用する木製皿を納入いたしました。 この皿はシラカバの間伐材を集成材加工し、各種食器形状に仕上げました。
平成21年4月 モア・トゥリーズの坂本龍一様工場視察
有限責任中間法人モア・トゥリーズの坂本龍一・代表が下川町を訪れ、当組合の工場および森林現場を視察されました。モア・トゥリーズは下川町など4町でつくる森林バイオマス吸収量活用推進協議会(会長=安斎保・下川町長)と協働で森づくりを進め、森林の二酸化炭素(CO2)吸収機能を活用して温暖化対策と地域の活性化に役立てることを目的に今回、下川を訪問されました。
平成21年5月 第58回通常総会を開催いたしました
平成21年度・下川町森林組合通常総会を下川町バスターミナルに於いて開催いたしました。
   
平成21年6月 「環太平洋地域C&I森林認証コース」研修
「環太平洋地域C&I森林認証コース」の研修生9名が来組し研修を行いました。 本研修は昨年度に引き続きJICAの委託により行われ、アルゼンチン、中国、ラオス、ミャンマー、ニカラグア、ベトナムなどからの研修生でした。
   
平成21年9月 FSC森林認証維持審査を行いました
下川町のFSC森林認証維持審査が行われ森林管理認証の更新が認められました。 今回の更新は5年に一度行われる維持審査で、更新を妨げる大きな問題はありませんでした。 現在のFSC認証林は6,632ヘクタールとなっています。
平成21年10月 当組合が環境大臣賞を受賞いたしました
千葉県で開催された第4回3R推進全国大会の表彰式で山下組合長が出席し、21年「環境型形成推進功労者(3R活動優良企業)として環境大臣表彰を受賞しました。 同制度は生活環境保全、環境型社会の形成を目的に、資源採取、廃棄物発生量・エネルギー消費量などの抑制(リデュース)、再使用(リユース)、再利用(リサイクル)、熱回収を図り、功績が認められたものです。  当組合オガコなどを燃料とした木質ボイラーを熱源にすることで化石燃料の使用をなくし、木炭や燻煙材の生産、トドマツ精油抽出など煙から枝葉まで生産加工で出るすべてのものを利用する「ゼロエミッションシステム」を確立し、前年度の北海道ゼロエミ大賞に輝き、道の推薦を受けての受賞です。
   
平成21年10月 JICA研修生視察
JICAの平成21年度地域開発計画管理コース研修生5名が来組し、下川町の循環型林業および環境モデル都市の取り組みについて視察いたしました。
平成22年5月 O&Dウッド下川工場落成式
(株)コシイプレザービング・北海道下川工場が当組合の南町敷地内に完成し落成式を行いました。本工場では耐久性が非常に高い「O&Dウッド」を生産し、治山土木用資材などに提供されます。当工場の操業は当組合にて運営されます。 今後、間伐材の用途がさらに広がることが期待できます。
   
平成22年5月 第59回通常総会を開催いたしました
平成22年度通常総会を下川町バスターミナルにおいて開催いたしました。
   
平成22年9月 南那珂森林組合との友好組合協定を締結
当組合は宮崎県・南那珂森林組合との友好組合協定を締結しました。 同日午後5時より、下川町バスターミナルにおいて、調印式が行われました。 協定は役職員の資質向上を目的とした相互研修や情報交換、両地域の特産品の販売促進などで両組合の結びつきの中でお互いに発展を目指すものです。
   
平成23年5月 第60回通常総会を開催いたしました
平成23年度下川町森林組合通常総会を下川町バスターミナルにて開催いたしました。 お忙しい中、多数ご出席いただき誠にありがとうございます。
平成23年10月 大阪府森林組合との友好組合協定を締結
当組合は昨年の「南那珂森林組合」との友好協定につづき「大阪府森林組合」との同協定を締結いたしました。 調印式は下川町長などの来賓を招いて林業総合センターにて行われました。 また、今回、大阪府森林組合との協定の仲立ちをいただきました、南那珂森林組合も同席いただき、北海道・大阪・宮崎の3地域が友好的に発展できることを誓いました。 さらに、下川町渓和にある「友好の森」にて3組合の植樹が行われ、お互いに絆を深めました。
   
平成26年6月 役員改選および組織の変更につきまして
当森林組合では山下邦廣代表理事組合長が退任し、阿部勇夫副組合長が代表理事組合長に就任いたしました。また、集成材加工事業は「下川フォレストファミリー株式会社」に事業移管いたしました。
  • FSC森林認証の取り組み
  • O&D WOOD
  • 南那珂・大阪府森林組合との友好協定
  • 人材エントリー
  • 下川町森林組合製品情報
  • くん煙枕木
  • 下川町森林組合携帯サイト